銀行業務の柱となる貯金・融資・為替について分かりやすく解説いたします。

銀行業務の概要まとめサイトヘッダー画像

預金業務とは

銀行の預金業務

預金業務とはその名の通り、預金に関する業務のことをいいます。預金業務は、お金を集めることが主な業務になります。

 

今はマイナス金利の影響で昔ほど過熱していませんが銀行は血眼になって預金を集めていた時期がありました。
なぜ銀行は、預金を集めていたかというと、預金を集めれば集めるほど儲かったからです。
預金には利息を付けなければいけません。しかし利息を付けてもそれ以上に高い金利でお金を貸すことが出来れば銀行は利益を出すことが出来ます。
昔は預金の金利と貸出の金利の差が大きかったため銀行は預金を集めることに一生懸命だったのです。

 

今は昔ほどお金を貸して利益を得ることが出来ないので昔ほど預金集めに一生懸命ではありません。
しかし今もやはり銀行は預金集めをしています。何故なら銀行で投資商品を売るようになったからです。

投資商品とは、投資信託や保険、債券などのことをいいます。この投資商品を販売することが出来れば高い手数料を稼ぐことが出来るのです。

投資商品を買ってもらうには、他行からお金を持ってきてもらうよりも自行に預金があれば投資商品に振り替えてもらうだけです。
銀行は、今投資商品に非常に力を入れています。投資商品を買ってもらうために銀行は今も預金集めに一生懸命なのです。

銀行が預金を集める理由

 

 

融資とは

銀行の融資業務

融資とは、お金を他の人に貸すことをいいます。
融資を行うことによって銀行は集めた預金から利益を出すことが出来ます。なぜなら銀行はお金をただで貸すことをしません。銀行はお金を貸すときに利息を取ります。利息を取ることによって銀行は融資によって利益を出すのです。
もちろんお金を貸すということは返ってこない可能性もあります。お金が返ってこないことを貸し倒れといいます。しかし銀行は審査を行うことによってこの貸し倒れの確率を下げて利益を出すのです。

 

銀行の融資の審査とは 

銀行は融資をする際、借り手の審査を行います。多くの銀行は、スコアリングといった方式の審査を行っています。

スコアリングとは、借り手の属性によって点数を付けていく方法です。個人の場合は、年齢や年収、勤務先などがスコアリングの対象になります。法人の場合は、業態や業績がスコアリングの対象になります。スコアリングの点数を見て融資の可否を判断しているのです。

 

スコアリング審査は、指定された項目を入力するだけなのでスピーディに審査が出来るという特徴があります。しかし過去の業績などが評価のウェートを占める欠点があります。今後の事業の可能性などを考慮しづらい審査方式といえます。
しかし現在の銀行の融資は、キャッシュフローをいくら生んでいるかなどの将来性も極力加味した審査体制にはなっています。

 

なんで融資で儲かるの?

融資で銀行が儲かる理由は、融資に付く金利です。金利があるからこそ銀行は融資を行うことによって利益を出すことが出来るのです。預金に付ける金利よりも融資の金利は当然高いのでこの差で銀行は利益を取るのです。この差のことを利ザヤといいます。しかし最近は、マイナス金利の影響でこの利ザヤを取ることが難しくなってきました。

 

現在、多くの銀行は一般融資ではあまり利益が取れないので高い金利の取ることの出来るカードローンなどに力を入れています。銀行の決算を見ていただければわかりますが、カードローンなどの高金利ローンの収益の比重は非常に大きくなってきています。

融資による儲けの仕組み

 

 

アパートローンは下火?

現在サラリーマンの副業として人気が高い「不動産投資」ですが、スルガ銀行の不正やレオパレスの施工不良問題により、アパートローンの審査は非常に厳しいものとなっています。
不動産を担保にするため銀行から見ると安定した融資であった当該ローンですが、不動産の価値そのものが融資に足る基準でなかったことが発覚したことで、どの銀行も融資に消極的になってしまったのです。
ただし、銀行にとっても不動産投資ローン(アパートローン)は大きな利益をあげられる業務であり、審査が厳しいながらも一定数の売上を確保している主力事業であると言えます。
0.1%でも安い金利を勝ち取れるよう、借り換えをご検討の際は出来るだけ多くの銀行や信用金庫と交渉するようにしてください。
不動産投資ローンの借り換え

 

 

為替業務とは

銀行の為替業務

為替業務とは、振込や振替、口座振替、外貨送金などの業務ことをいいます。口座間でお金を動かす業務をイメージしていただければと思います。
為替業務は、口座間でお金を動かしますが、実際に現金でやり取りするものではありません。個人と銀行、銀行と銀行同士の信頼関係で成り立っている業務ということが出来ます。

 

多くの方は、銀行の為替業務を利用していると思います。公共料金やクレジットの引き落としなども為替業務になります。為替業務は、多くの方にとって欠かすことの出来ない業務なのです。

 

為替利益が出る理由

為替業務は銀行にとって収益の大きな柱になっています。ではなぜ為替業務は儲かるのでしょうか?答えは手数料です。
振込や外国送金をしたことがある方は分かると思いますが、送金を行うためには手数料がかかります。この手数料が、為替業務が儲かる理由になります。

 

また、銀行はクレジットカードや公共料金の引き落としでは個人の方から手数料を取ることはしませんが、委託した公共機関やクレジット会社からは手数料を受け取っています。規模が大きければ大きいほど為替の収益は大きくなります。

 

為替手数料の今後

為替の手数料は今後、安くなっていく見込みです。なぜならフィンテックが台頭してきているからです。インターネットバンキングの進歩はすさまじくインターネットバンキングで振り込みや外国送金をすると窓口で手続きするより圧倒的に安いです。
また金融業界に異業種の参入が相次いでいることも為替の手数料が安くなる大きな要因になります。
キャッシュレス決済も進歩しており決済手段は以前に比べ格段に広がってきています。このような状況は今後も続いていくと考えられるので為替の手数料はどんどん安くなっていく見込みです。

為替による儲けの仕組み

 

 

銀行も必死

今回は、銀行の3大業務について説明をしました。銀行は今苦しい経営環境に置かれています。しかし銀行の3大業務は生活する上で必要不可欠な業務です。是非この記事を参考に銀行業務に対する理解を深めていただければ幸いです。