銀行と信用金庫の違いは営利目的or非営利目的、営業範囲の規制の有無です。

銀行業務の概要まとめサイトヘッダー画像

銀行と信用金庫の違い

銀行と信用金庫。皆さんはその違いについて考えたことがあるでしょうか?
銀行に比べて信用金庫を利用している方は少ないと思います。しかし信用金庫は、預金も為替も融資も取り扱っています。
銀行で最近力を入れている投資信託や保険商品を購入することもできます。
では銀行と信用金庫の違いとは一体何なのでしょうか?

 

銀行と信用金庫の違い

銀行と信用金庫の違いを説明する銀行員

銀行と信用金庫で行う業務は基本的には違いはありません。
預金業務も為替業務も融資業務もあります。
では違いは何かというと、銀行と信用金庫の違いは主に2つあります。

 

1つ目の違いは、営利目的か非営利目的かどうかです。
銀行は、営利目的の株式会社ですが、信用金庫は営利目的で営業をしていません。
信用金庫は地域振興を目的に存在するのです。

 

2つ目の違いは、営業範囲の違いです。
銀行は基本的に営業範囲の規制はありません。
例えば、地方に本店のある地方銀行でも東京に支店があることはよくあります。
しかし、信用金庫は地域に根差した金融機関であるためため営業地域に規制があるのです。

 

信用金庫の存在価値とは?

地域に根ざした信用金庫

信用金庫は、個人が利用するメリットは銀行とそれほど変わりはないと思います。

 

しかし、地元に根差した企業にとって信用金庫の利用価値は大いにあります。
信用金庫は地域に根差した営業を行っているため地元企業へのサポートが手厚く、融資の金利も銀行に比べて低いこともよくあります。

 

また最近、銀行(特に都市銀行)は集金などの細々した業務をしないことが多いです。
しかし信用金庫は営業範囲が小さいため、集金業務などもしっかり行ってくれます。
頻繁に面談することも出来ますしかゆいところにも手が届くのが信用金庫の良さです。

 

大企業や全国規模の企業はやっぱり銀行

信用金庫は地域に根差した金融機関であるため、地元企業にとっては利用価値の高い金融機関になります。

 

しかし、事業規模の大きい大企業や全国規模の企業にとってはやはり銀行の方が便利です。
銀行と信用金庫は企業の規模によって使い分ける必要があるといえます。

 

まとめ

今回は、銀行と信用金庫の違いについて説明をしました。
信用金庫には銀行にないメリットがたくさんあります。
特に地元企業にとっては信用金庫の利用価値は非常に大きいと思います。
是非この記事を参考に銀行と信用金庫の違いについて理解をしていただければ幸いです。