銀行の融資はマイナス金利の影響による利ざやの縮小で収益が落ち込んでいます。

銀行業務の概要まとめサイトヘッダー画像

融資による儲けの仕組み

銀行といえば預金のイメージを持つ方は非常に多いと思います。誰しも一回は、銀行の窓口やATMで預金の出し入れをしたことがあるのではないでしょうか?
しかし、銀行業務に詳しくない方は疑問に思うかもしれません。預金って利息を払わないといけないから銀行は利益が出ないのでは?と。しかし銀行は儲けを出します。それが融資なのです。

 

融資とは

銀行の安定した収入源となる融資業務

融資とは、お金を貸すことをいいます。

 

もちろん無償でお金を貸したら銀行の利益はありません。しかし銀行は、融資を無償で行うことは原則ありません。
融資を行う際は金利を付けて利息をもらいます。この金利収入があることによって利益を出すのです。

 

しかも金利は毎月安定的に入ってくる収入です。仮に他の業務で全く稼ぐことが出来なくても銀行は、融資によって利益を上げることが出来ます。
このような収益のことをストック収益といいます。

 

ストック収益の対義としてフロー収益があります。フロー収益は投資信託を販売した時や振り込みなどから得ることの出来るその場限りの収益のことをいいます。
フロー収益は安定しないことが多いですがストック収益は非常に安定した収益になります。よって銀行にとって融資から得られる収益は非常に大切な収益源になるのです。

 

銀行の融資の審査とは

融資のスコアリング審査

融資を行う際、銀行は審査を行います。
貸したお金が返ってこないと銀行は大損をしてしまいます。貸したお金を返済してもらえると判断出来た個人や企業にのみお金を貸すために、銀行は借り手の審査を行うのです。

 

昔は、銀行の審査は非常に複雑でした。しかし現在は、ある程度一律に審査をすることが出来るシステムが出来上がっています。この審査の代表的なものがスコアリング審査です。
スコアリング審査とは、年収や勤務先などによって点数を付けていき一定の点数を越えた人にお金を貸す審査方法です。

 

スコアリング審査は、審査項目を入力するだけで融資の可否をある程度把握することが出来ます。よって以前に比べると審査のスピードが速いことが特徴になります。

 

なぜ融資で儲かるのか?

先程も述べましたが銀行は、金利を得ることによって融資で設けを出します。
融資を行うためには、貸出金の原資である預金を集めなければいけません。預金を集めて融資を行うという流れになります。
預金にももちろん金利は付きます。しかし融資の金利は、預金の金利と比べて当然高いです。この金利の差を利ザヤといいます。銀行はこの利ザヤによって利益を得ているのです。

 

しかし現在マイナス金利の影響で、この利ザヤは非常に小さくなっています。
利ザヤを昔のように確保出来ない銀行は、高い金利の取ることの出来るカードローンなどに力を入れています。
銀行の決算を見ていただければわかりますが、カードローンなどの高金利ローンの収益の比重は非常に大きくなってきています。

住宅ローン事業とは?

 

 

まとめ

今回は、銀行の融資業務についてまとめました。融資は、銀行業務の根幹といわれています。金利収入は安定的に取ることが出来るからです。
しかし、現在は取れる金利が少なくなってきているので融資は昔ほど利益を出せるものではありません。
今後もこの傾向は続くと見られているので高金利の期待出来るカードローンなどが銀行融資の中心になっていくかもしれません。