銀行はフィンテックによって業務が削減されていくため、人員削減が行われていくと予想されます。

銀行業務の概要まとめサイトヘッダー画像

フィンテック台頭の影響

フィンテックとは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語です。
ITなどによって金融業界を変えていく技術のことをいいます。
現在、金融業界は、フィンテックの発展によって大きく変わろうとしています。
今回は、金融業界の中心である銀行が、フィンテックによってどのような影響を受けているかについて説明をします。

 

銀行員が不要の時代に?

銀行の手続きを管理できるタブレット

フィンテックによって銀行員の昔ながらの仕事はどんどん無くなりつつあります。

 

銀行は、顧客の信用を守るために非効率業務の塊のような業界です。
しかし、フィンテックによって昔は書類で行っていたやり取りも、デジタルで行うことができるようになっています。

 

書類の授受を行うとミスはつきものです。銀行において不備のある書類はあり得ないので不備をチェックする行員がいました。
しかし、デジタルの台頭によって機械が不備を教えてくれるので不備のある書類自体がなくなりつつあります。従って、不備をチェックする行員は必要なくなります。

 

支店で事務手続は行わない

銀行の事務手続き

フィンテックの台頭によって支店での事務が激減しました。
ひと昔前は、銀行に来店するとたくさんの書類を記入して長い時間待たされるのが常でした。

 

しかし最近の銀行の支店は、ペーパーレス化を進めています。
タブレットで手続きを完結出来る仕組みを構築している銀行もあります。
そうすると書類は発生しないですし、タブレットで手続きは完結しているので後方でオペレーションを行う必要もなくなります。

 

もちろんタブレットで完結出来ない手続きもありますが、その手続きだけのために支店に事務行員を置いておくのは無駄なことです。
ある銀行では、事務行員を事務専門のセンターに集めセンターと支店が連絡を取って事務手続きを行っています。

 

この傾向は今後も続いていくと思いますし、フィンテックが更に発展すればこのセンター自体も必要なくなるかもしれません。

銀行統廃合は今後も続く??

 

 

今後の銀行

今後、銀行は、フィンテックによってどんどん業務は削減されていきます。
働く行員の数はいまの3分の1程度で済むかもしれません。

 

しかし、どんなにフィンテックが発展しても対面での営業は必要です。
富裕層やオーナーなど銀行に利益をもたらしてくれる顧客に関しては今までのような対面営業は続いていくと思います。

 

まとめ

今回は、フィンテックが銀行にもたらす影響についてまとめました。
フィンテックによって銀行業務はこれから大きく変わっていくことは確実です。
(いまも大きく変わっていますが)今後銀行で事務専門の一般職は無くなっていくと思います。
フィンテックが銀行にもたらす影響は非常に大きいことが理解いただければ幸いです。