住宅ローンは安定した収益が見込めますが、昨今の低金利で大きく儲けることができなくなりました。

銀行業務の概要まとめサイトヘッダー画像

住宅ローン事業

銀行業務の柱の1つに住宅ローンがあります。住宅を買うとき多くの人が住宅ローンの利用を検討するのではないでしょうか?
今回は、銀行の住宅ローン事業について詳しく説明していきます。

 

住宅ローンとは

金利の低い住宅ローン

住宅ローンとは、その名の通り、住宅を買うために借りるローンのことをいいます。

 

住宅ローンは一般的に、車を買うときのマイカーローンや使途の自由なフリーローンに比べて金利は低いです。
何故、住宅ローンの金利が低いのかというと、銀行にとって回収不能のリスクが少ないからです。

 

住宅ローンを組むときは、住宅を担保に入れます。
住宅を担保に貸付金額を決めているので住宅ローンの利用者が返済できなくなっても担保に入っている住宅を売却すればよく、銀行にとってのリスクは非常に低くなるのです。

 

また、住宅ローンの借り手は優良個人が多いので銀行にとって安定した収益源になります。多くの銀行が、住宅ローンに力を入れているのはそのためです。

 

住宅ローンの審査

住宅ローンを借りるためには審査があります。
住宅ローンの審査は、多くの銀行ではスコアリング審査というもので行っています。
スコアリング審査とは、年齢や年収、勤続年数や勤務先を点数化して行う審査のことをいいます。

 

スコアリングの結果が良い人には金利の優遇などのメリットがあります。
スコアリング審査で重要なのが、他社からの借入です。
消費者金融などから借り入れがあると住宅ローンの利用はしづらくなるので注意が必要です。

 

現在の住宅ローン業務

住宅ローン業務の効率化を行っている銀行

現在、一部の銀行では支店で住宅ローンの業務を行っていません。
インターネットからの申込みや専門の部隊を本部に作っているのです。

 

支店で住宅ローンを取り扱うと、コストが発生します。
住宅ローンは安定した収益が見込めますが昨今の低金利で大きく儲けることの出来る商品ではありません。

 

また、投資信託などの投資商品は販売したら大きな手数料が入ってきますが、住宅ローンは金利収入であるため、収入となるまでに時間がかかります。
さらに、住宅ローン業務を行うには高い専門性が必要ですが、一支店当たり住宅ローンを利用する人はそんなに多くありません。

 

住宅ローン専門の部隊を作ることによって効率的に住宅ローン業務を行っているのです。
店舗統廃合などの効率化が求められている現在の銀行においてこの傾向は続いていくと考えられています。

 

まとめ

今回は、銀行業務の主要業務である住宅ローンについてまとめました。
住宅ローンは銀行にとって安定的に収益をもたらしてくれる商品になります。
しかし専門性の高い分野になるので一括で取り扱いをしたいのが銀行の本音です。今後もこの傾向は続いていくと考えられています。